BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 生理学
  4. 【無理せずに休養】生理中にジムに行きたくない時は…

【無理せずに休養】生理中にジムに行きたくない時は…

スポンサーリンク

西船橋のダイエット・ヒップアップ専門パーソナルジムAssembleです。
ダイエットをしているけど、今生理が来ている、もしくはこれから1週間以内に生理が来るというあなたに伝えたいことがあります。
生理中は痩せようとしないでください。女性の体は、生理中に痩せないようにできているからです。
今回の記事では、ダイエットに励む10代から40代の全ての女性に知っていただきたい内容となっており
・生理中はなぜ痩せないの?
・生理中のダイエットはどうしたらいいの?
といった疑問を解決することができます。

スポンサーリンク

1.生理は女性にとって必要不可欠

生理中になぜ、痩せようとするのがだめなのかと言うと、「適正な生理周期を守るため・生理を止めないため」ということになります。
その理由を説明しています。

①適正な生理周期を保つことが適正に女性ホルモンを分泌させる

月経は約25日から35日周期でサイクルしていきます。
月経は、赤ちゃんをお腹の中で育てる準備をしたり、女性ホルモンを適正に分泌させたりと様々な働きがあります。
しかし過度なダイエットやストレスなどで、栄養不足・心の疲れが続くと、「今は妊娠できる身体の状態ではない」と脳が判断し、月経の周期がずれてきたり最悪の場合無月経になってしまうなどの恐れがあります。
月経不順や無月経が続くと、妊娠しづらい体にもなりますし、女性ホルモンがうまく分泌されなくなってしまいます。
女性ホルモンがうまく分泌されなくなると体調が崩れやすくなったり、髪や肌などの美容にも悪影響を与え、骨粗しょう症などといった骨の弱体化にも繋がりかねません。
なので、周期が乱れるほどの過度なダイエットは絶対にしてはいけないのです。
適正な月経周期を保ちながら、適度にダイエットしていくことが重要となります。

②生理は妊娠するための準備

先ほども説明しましたが生理は妊娠するための準備期間です。生理には大きく分けて卵胞期と黄体期の2つがあります。
生理前の体調が崩れやすくなったり食欲が増したりしてくる時期は黄体期になりますが、この黄体期の時に体が妊娠しやすいように栄養を蓄えようとします。
妊娠にはたくさんのエネルギーが必要になりますから、たくさんの栄養を溜め込み、体脂肪や水分も体から逃がさないようにするのです。
水分が体に溜まるのでむくみやすくなりますが、水分で体重が少し増えたり痩せなくなっていたりするだけなので、気にする必要はありません。
なので体重・体脂肪がほぼ落ちなくなりますが、これは女性の生理機能がしっかりと働いているということでもあります。

2.生理中はダイエットというよりは、キープする意識で

では生理中はどんなことに気をつけて生活をしていけばいいのでしょうか。

① しっかり食べよう(少し食事量を増やしてOK)

生理初日の7日から10日前あたりから、体重体脂肪が減らなくなってきます。
この時期は体重を減らすというよりも、「増やさないようにする・キープする」意識で生活しましょう。
ダイエット中で様々な食事管理をされていると思いますが、その時よりも少しお米を多めに食べたり、肉・魚・野菜・大豆製品などバランスよくしっかり食べるようにします。もちろん常に食べてしまいますとそのぶん太ってしまいますので注意が必要です。
生理が終わってから、また黄体期に入るまでの間にしっかりと食事管理をしていくことによって、体重・体脂肪が減っていくでしょう。
また生理前は、甘いものが非常に食べたくなる時期でもあります。これも女性の生理現象ですので、何もおかしいことではありません。逆に我慢しすぎるのが良くないので、食べたい時には甘いものも食べてストレスをためこまないことが非常に重要です。

② 運動もしすぎないようにする(ジムも休む)

先ほども説明しましたが、月経不順や無月経は、極度なエネルギー不足・栄養不足によって起きてしまいます。過剰に運動することも控えた方がいいです。
過剰な運動は、体内のエネルギー不足・栄養不足を作ってしまうので、運動もほどほどにしたほうがいいです。
痩せないからといって、やみくもに運動量を増やしたりしてはいけません。黄体期は疲れが抜けにくい時期でもありますので、なるべく疲れを溜め込まないようにするという意識を持って行きましょう。
黄体期は食事もしっかりととり、運動もほどほどに控えて、なるべくストレスなく乗り切っていくことが非常に重要になります。
ジムに通っている方は休養したり、予約の場合はキャンセルをして次回まで体力を温存しましょう。

3.まとめ

生理前、生理中は体重・体脂肪が減りません。ただしその原因は、ほぼ水分(むくみ)であり太っているわけではありませんので安心してください。生理前の黄体期という時期は、「体重を増やさないようにする・キープする」といった意識で望むことによって気持ちがだいぶ楽になります。
ストレスを減らし、無理せずダイエットを続けていくことが成功のカギとなりますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事