パーソナルトレーナーが伝授!パーソナルジムの選び方

スポンサーリンク

近年、店舗数が増えているパーソナルジム。
自宅から近い場所・通勤帰りにちょうどいい場所など、いくつか候補のパーソナルジムがあるかと思いますが、ここまで店舗数が多くなってくると、「パーソナルジムに通ってみたいけど、どのジムを選べばいいかわからない」と思ってしまいますよね。
そこで今回は、パーソナルトレーナーの筆者が、パーソナルジムの選び方について徹底解説したいと思います。
ジム選びは、誰もが失敗したくないと思いますので是非参考にしてください!

目次

パーソナルジムの選び方「自分の目的に合うジムか」※最優先事項


パーソナルジムを選ぶにあたって、最も優先させるべきで絶対に外せない条件が、
自分がパーソナルジムに行く目的を達成できるジムかどうか
ということです。
近年は様々なコンセプトのパーソナルジムが出来ており、パーソナルジムと言っても得意分野・不得意分野があります。
自分が何のためにパーソナルジムに行くのかを、今一度確認しましょう。

ダイエット・ボディメイク

パーソナルジムに通う目的として一番多いのが、ダイエットやボディメイクです。
短期集中型や月額制などスタイルは様々ですが、ダイエットやボディメイクにおいて非常に重要なのが食事管理です。
食事管理ができなければ目的を達成することが難しくなるので、食事管理をしっかりとサポートしてくれるパーソナルジムを選びましょう。
LINEで手軽な食事指導や、管理栄養士が食事指導を担当しているジムなどもあります。

またトレーニング内容は、食事管理がしっかりできれば体脂肪は減っていくことが多いので、器具やマシンにはそこまでこだわる必要はないです。
バーベルやダンベルのトレーニングよりも、初心者にはスミスマシンの方が扱いやすくてお勧めですが、しっかりトレーナーが教えてくれるのでバーベルやダンベルもすぐに扱えるようになるでしょう。

パフォーマンスアップ・体力向上

体力向上・パフォーマンスアップは、より高度なトレーニングが必要になります。
ダンベル・スミスマシン・自重トレーニングなどでも、継続することでもちろん体力やパフォーマンスを上げることができます。
・マラソンを速く走りたい
・ゴルフの飛距離をあげたい
など、何かのスポーツ競技の向上を目指している方は、そのスポーツを指導しているパーソナルジムに通う方がよりパフォーマンスやの向上が期待できます。

健康増進・体質改善

運動不足を解消したい・健康診断で良くない数値が出た・肩が凝りやすくなった、腰が痛いという方にもパーソナルジムはおすすめです。
仕事が忙しく運動する習慣がなかったり、食生活が乱れたりすると、見た目以外にも体の不調が起きてきます。
トレーニングをすることで肩こりや腰痛を改善させることもできるし、腰痛や肩こりの原因である姿勢不良改善の専門パーソナルジムもあります。
姿勢不良はトレーニングと、ヨガ・ピラティス・整体などを織り交ぜているジムもあるので、こういった悩みのある方にはおすすめです。

パーソナルジムの選び方「価格」

自分がどんな目的で、どんなコンセプトのジムに行くべきか見当がついたら、価格をチェックしましょう。
価格は高価なジム、お手頃なジムなどありますが、それぞれ特徴があります。
「高いジムは行かない!」、「安すぎるジムは不安!」などと除外してしまうのはもったいないです。

高価格なパーソナルジムの特徴

パーソナルジム業界では、展開している店舗数が多いジムほど高価格な傾向があります。
全国展開のジムなどは、高価格な分、サービスが充実していることが多いです。
・ウェアやシューズが無料レンタル
・トレーニング後の無料プロテイン付き
・立地がよく駅近で通いやすい
・全額返金保証がある
などは価格が高いからこそできることです。
また珍しいマシンや設備などに投資しているジムもあり、初心者の皆さんのモチベーションを保とうと企業努力をしています。
肝心のトレーニングの質については、「高いから良い、安いから悪い」ということはないのですが、その点については後述します。

お手頃価格のパーソナルジム

展開数の多いジムとは逆に、中・小規模で運営しているパーソナルジムはお手頃なジムが増えてきています。
高価格なパーソナルジムとは逆で、トレーニングに必要な設備のみを揃えており、必要のないものを省き料金を抑えていることが多いです。
低価格になればなるほど、トレーニング以外のサービスは少なくなる傾向が強いです。

パーソナルジムの選び方「規模」

パーソナルジムの価格と同時に考えたいのが規模です。
規模といってもジムの広さや設備という意味ではなく、大手ジムか個人ジムかという点になります。
筆者は大手ジムも個人ジム(自分で経営)も経験しておりますので、それぞれの特徴を解説していきます。

大手パーソナルジムの特徴

① サービスが充実している
ウェアレンタル・無料プロテイン・駅チカ・返金保証などが用意されていることが多く、とにかくトレーニングをしやすい環境を作っています。

② 内装・設備が充実している
店舗やシャワールームが新しかったり、全面リフォームを行っていたりと、店舗がキレイ(個人店がキレイでないということではないです!)です。
また、マシンの種類も豊富な傾向があります。

➂ トレーナーを指名できる
大手パーソナルジムは完全個室制でも、1店舗にトレーニングブースが複数あるため、1店舗にトレーナーが5人、10人と在籍している店舗もあります。
パーソナルトレーニングは人の相性も重要ですので、自分に合うトレーナーを指名することもできます。

① トレーナーの経験値がバラつく
パーソナルジム業界は、入離職が激しいです。トレーナーになりたくてなる人もいれば、「とりあえず何か就職するために」トレーナーになる人もいます。新人さん(研修はしっかりしてます)がいるのは仕方ないですが、自分のトレーニングに新人さんが付く場合もあります。

② 「会社感」があり、規則やルールが厳しい
それなりの規模のジムは、会社も大きくルールがきっちり決められています。
予約・キャンセル・有効期限などのルールは、言い方は良くないですが融通が利かない場合があります。

➂ 料金が高い
先程の説明のとおり、大手パーソナルジムはサービスが充実しているからこそ、料金が高い傾向があります。

個人パーソナルジムの特徴

① トレーナーの経験値が高い
個人店、特にオーナー兼トレーナーがいるジムは、トレーナーの経験・知識が豊富な傾向があります。個人でジムを出しているトレーナーは、トレーナーと言う仕事に強い志と信念を持っている人ばかりです。トレーナーの質や経験にこだわる人は、個人店を選ぶとハズレにくいです。

② 大手よりもルールが緩い
大手ジムよりも組織が小さい分、ルールも緩めな傾向があります。ある程度都合に合わせて融通を利かせてくれることが多いですが、もちろん個人店といえど商売なので、利用者も最低限のルール・マナーは守りましょう。

➂ 料金が安い

先程の説明の通り、最低限の設備のみを揃えるという点から、料金は抑えられている傾向があります。

① 必要最低限の設備のみ
トレーニングに必要な設備・スペースのみを確保している場合が多いです。これはデメリットではなく、体さえ変わればその他は気にしない!という方であれば問題ありません。
開放的で、おしゃれなジムでやる気を上げたい!という方にはデメリットとなるかもしれません。

② サービス(オプション)の充実度は少ない傾向
ウェアレンタルなどは、個人ジムでも比較的導入されていますが、全額返金保証や駅チカ(家賃が高いため)などは、資金力のある大手パーソナルジムの方が強い傾向があります。

➂ トレーナーはオーナートレーナーor少数
個人店は一人または数名と言う店舗が多いです。個人店は指導経験が豊富である場合が多く、様々なお客さんに合わせて接客してくれますが、人の接客なので万が一合わないことはあるかもしれません。(プロのトレーナーなので、しっかり接客してくれることが普通です!)

大手ジム・個人ジムのメリット、デメリットをまとめましたが、あくまで傾向であり必ずしもこの通りではありません。
近年は、体験トレーニングや無料カウンセリングが導入されています。
体験やカウンセリングだけでそのパーソナルジムの全てを把握することは難しいですが、利用してみて自分に合うパーソナルジムを探しましょう。

まとめ

いかがでしたか。パーソナルジムで自分の悩みを是非解消させたいところですが、まとまった金額を使うので失敗はしたくないですよね。
今回紹介した基準で、パーソナルジムを選んでみる「パーソナルジムに通って良かった!」と思えるはずです。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次